2006年04月12日

七瀬三部作








以前書いた『本』のバトンからふと昔の本を読み返している。
今は筒井康隆氏の七瀬三部作と言われている作品を読み返しています。

1作目の「家族八景」は
主人公は18歳の少女・火田七瀬。彼女はテレパス能力を持ち人の心が
読めるでもその能力を隠したい為にお手伝いさんとして家族を転々と
し暮らしていた。そんなお手伝いさんの立場で見た8つの家族の家族
心理が上手に書かれている作品です。

2作目の「七瀬ふたたび」は
主人公・火田七瀬と同じテレパス能力を持った超能力者が出てきて
その敵をなぎ倒す・・・・ってな話ではなくて、現代社会において
超能力者が生きていく苦悩を描いております。
この「七瀬ふたたび」は3度もドラマ化されており、1作目より面白い
と思っております。

3作目は「エディプスの恋人」ですが、これはまだ読んでませんので
また機会があれば日記に書きたいと思います。
posted by DOK at 21:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

Petshop of Horrors

特に面白いネタがないので自他共に認めるコミック好きのDOKさんのお薦めのコミックを紹介します。

今日は秋乃茉莉さんのサスペンスホラー「Petshop of Horrors」
petshop1.jpg
Petshop of Horrors1巻表紙

舞台はアメリカのチャイナタウン・・・
そこに謎に満ちたペットショップがありそこに行けば、自分の望む動物が手に入るという
そしてその街で発生する事件にはこの店から売られたペットが絡んでいるという・・・
店主は謎の中国人「カウントD」・・・彼の正体は?そして事件の真相は・・・・?

ここから先多くは語りません。
気になる人は、現在は文庫サイズのコミックが朝日ソノラマ文庫さんから全7巻で発売中です。
そして現在「新Petshop of Horrors」が連載中でもありますので
サスペンス好きの人は是非新旧シリーズ読んでみてはいかがですか?
petshop2.jpg
Petshop of Horrors全7巻




posted by DOK at 23:28| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする