2010年02月08日

消失

映画を映画館で見たのは久々ですが、「涼宮ハルヒの消失」を
見に行ってきました。
普段映画館に行かない俺が見ようと思った一番の理由は
「京都で上映している映画館の会員だから安く見る事が出来た」
だったと今更ながら自己分析してみたりw

まぁ映画の内容は書くのが面倒なので端折りますが、個人的には
長門がすごく可愛く見えた。無愛想なキャラが内気なテレキャラに
なるのはツボにはまるくらい良かったです。
後アニメの映画と言えば1時間30分前後くらいかなと思っていたら
3時間近くもあったのが驚いたね。

気になったと言えば時間軸をネタにした映画やらゲームやら
目立つのは俺の気のせいかな?
FF11のアルタナの神兵も舞台は過去だったよな
posted by DOK at 23:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

温厚な上司の怒らせ方



こんなDVD誰が見るんでしょうね。

内容見たんですけどこれやられたらキレますよ。
「むかつく返事の仕方」とか「貰い捨て」とか・・・
そんな内容よりも解説してるやつの方がムカツクのは気のせいでしょうか?

是非予算が許すならネタとして一度は見てみるといいかも。
posted by DOK at 02:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

いっぺん、死んでみる?



『いっぺん、死んでみる?』の名台詞でおなじみの地獄少女ですが
アニメの他にドラマも放映されてたんですね。

アニメは現在2がやっていますが今、問題になっている事件を被るのが
多いためか見ていて悲しくなってきますが、それが人の本性なんですよね


アニメは関西でも放映されてますが、ドラマは残念ながら関西では
放映されず?いやされてたけど気がつかなかったのかな?
けどどちらにしても見てないしレビュー見てもドラマの評価は高い
ようですのでお金があれば買ってみてもいいかもな〜

いや、まずはレンタルから探すw
posted by DOK at 02:58| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

くだらないDVD



久々の更新でいきなりだけど
世の中こんなくだらないDVDがあるんですねw

BGMすらなくただ工場をだけを撮影し工場の機械音などしかしない
はっきり言って理解できません。

工場好きの方や煙突にロマンを感じる方是非一度見てください。
posted by DOK at 02:08| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ホテルルワンダ



久々に良い映画を見ました。
利益優先する日本の映画会社では収益が得られないと判断して全国での
公開はされませんでしたが、ニュースなどで話題になったのでDVDを
借りて見ました。

ルワンダ内戦って教科書レベルでしか知らなかったけどその戦争の悲惨さと
いうのをリアルに感じられました。
最後は感動するシーンのハズなんだけどこれ現実にあったことなんだと思うと
何とも言えない気持ちになりました。
posted by DOK at 18:15| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

64億420万人の外国人に捧ぐ




小松左京原典 筒井康隆原作の
日本沈没のパロディ映画「日本以外全部沈没」が
9月から(関西では9月下旬から)公開されています。

日本以外が全部海に沈み海外からの難民が日本に移住
してきたのはいいのですが、小さい島国であるがゆえに
食料、住居等の問題と優位に立つ人間の浅ましい部分が
見え隠れするかなりブラックユーモアの効いた作品になっています

北の将軍様や巨大大国の大統領が日本の総理にヘコヘコする姿は
おそらくこの映画の中でしか見られないでしょうねw


愛と感動の日本沈没を見た後にユーモラスな日本以外全部沈没を
見てみたいですね。そんなツアーやってみませんか?

公式ページ
http://www.all-chinbotsu.com/
posted by DOK at 18:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

FORBIDDON SIREN

17日金曜日が最終ということだったので
木曜日の最終で映画「サイレン」を見に行ってきました。

予想していた以上に怖かったけど、その怖さも恐怖するほど怖くはなく
ただ突発的なアクションや効果音でビビらせているという印象を受けました。
ラストも拍子抜けして、そういうオチなのねというのが正直な感想です。

でも迫り来る恐怖と不気味なサイレンの音は思わず力が入っちゃっいました。

この映画「サイレン」はゲーム「サイレン2」をベースにして映画化されて
ゲームもやってみるのもいいかと思います。



ゲームは映画以上に恐怖感があって且つ攻略が難しいと聞いていますので
ひょっとしたらゲームのほうが面白いのかも知れないですね。
posted by DOK at 02:09| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする